金融業と商業が融合した金融機関について

銀行の中には、本業が商業のものから始まった金融機関もあります。
その代表格となるのが楽天銀行です。
楽天銀行は、ご存知の通りネットショッピングの会社です。
ネットショッピングと言えば、ポイントの付与がかかせない存在ですが、これを金融業に生かすと考えたのがきっかけです。
楽天銀行では、普段楽天でお買い物をされているユーザーの方にもメリットはあります。
例えば、楽天銀行で商品を購入すればポイントが付きますし、また一定の条件を達成すると、数万ポイントに及ぶポイントを付与されます。
このように、楽天の本来の機能を金融業に派生させることで、単体の金融機関にはない相乗効果が期待できるのです。
ましてや一般ユーザーからすれば、金融業を営む商業であれば安心感も生まれるはずです。
銀行ということから、最近口コミで広がってきているNISAを用いての投資にも利用することができすのです。

同様の例として、イオン銀行もその1つです。
イオン銀行は、スーパーや百貨店等の総合ショッピングモールです。
同じ例として、イオン銀行にもポイントカードがあります。
楽天銀行とは違い、提携先のグループ企業が豊富であることが特徴です。
また、事業コンセプトとして、わたしたちイオン銀行は、「商業と金融の融合」、「リテール・フルバンキング」を事業コンセプトに掲げて、既存のどの銀行とも異なる立場から、一般のお客様の生活に即したサービスを展開しています。(イオン銀行ホームページよ引用)。
このように、複数の業種同士を組み合わせることにより、利用者が身近なものとして定着できるのす。

2013.09.30
これから銀行でNISAを利用するには?を更新しました。
2013.09.30
金融機関の信用度についてを更新しました。
2013.09.27
銀行でNISAを効果的に運用するためには?を更新しました。
2013.09.26
初心者はどの商品から購入すべきか?を更新しました。
2013.09.25
投資をサポートするツールについてを更新しました。
2013.09.20
金融業と商業が融合した金融機関についてを更新しました。
2013.07.30
手数料節約についてを更新しました。
2013.06.28
サイトをアップしました。