手数料節約について

ニーサなど銀行における投資にかかる手数料は、証券会社と比べて高く設定されています。
しかし、それは来店型で申し込んだ時の話です。
ここでは、インターネットを用いたネット銀行の手数料について説明します。
まず、通常の銀行とネット銀行とでは何が違うのかはこちらです。

□一般の銀行とネット銀行の違い
1.支店は存在せず、本店のみ。
2.人件費、設備投資も大幅カット。
3.取引はネットで行う。

この3点です。 通常は手帳等で資金の管理を行っていても、ネット銀行であればインターネット上にそれらを管理するツールが搭載されているので、いつどこで引き出したのかもすぐに確認できます。
おまけに、手数料も格安に設定されており、無料のものから162円と小銭程度で済むことが出来るのです。現金の引き出しは最寄りのATM(金融機関によっては、提携先が異なっていた場合、無料にならない場合もある)で行います。
また、金利についても通常の銀行と比べて高めに設定されています。
これらを総合すると、ネット銀行の方がお得感があると思いますが、もし何か困ったことが起きた場合は自分で対処する必要があるので、それらを面倒と感じる方にはお得とは言えないでしょう。

2013.09.30
これから銀行でNISAを利用するには?を更新しました。
2013.09.30
金融機関の信用度についてを更新しました。
2013.09.27
銀行でNISAを効果的に運用するためには?を更新しました。
2013.09.26
初心者はどの商品から購入すべきか?を更新しました。
2013.09.25
投資をサポートするツールについてを更新しました。
2013.09.20
金融業と商業が融合した金融機関についてを更新しました。
2013.07.30
手数料節約についてを更新しました。
2013.06.28
サイトをアップしました。